今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

妊娠中は通常の6倍必要!【ビタミンB6】

健康・美容

妊娠中は通常の6倍必要!【ビタミンB6】
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

【ビタミンB6】

アミノ酸と糖の代謝にかかわる

ビタミンB6のはたらきは、
他のビタミンBと同じく、
補酵素としてのものが主ですが、
酵素とは無関係にホルモン作用の調節なども行っています。

補酵素としては、おもにアミノ酸と糖の代謝にかかわり、
神経刺激伝達物質の生成もしています。
細胞をつくる、赤血球中のヘム合成にかかわる、
筋肉のはたらきを調節する、血糖を維持する、
大脳や神経の刺激伝達物質をつくる、
免疫力を高めるといったはたらきなどです。

実際に生体内でこれらのはたらきをするのは、
多くはピリドキサール5´-リン酸(PLP)です。
これはピリドキサールのリン酸エステル型で、
ほかにピリドキシン、ピリドキサミンと、
それぞれのリン酸エステル型である
ピリドキシン5´-リン酸、
ピリドキサミン5´-リン酸があり、
それらの総称名がビタミンB6です。

ビタミンB6がたりないと、
B2の不足時と同様、湿疹や脂漏性皮膚炎、
口角炎、舌炎などをおこします。
さらに、小赤血球性貧血、麻痺発作、
聴覚過敏、脳波の異常、免疫力低下などもまねきますが、
実際にこれらのの欠乏症がみられることはほとんどありません。
ただし、ピル服用時は、B6をはじめ、
B2、B12、C、葉酸の吸収を阻害しますので、
多めに摂りましょう。

また、妊娠中には尿中のキサンツレン酸量が増えます。
この値は妊娠中毒症やつわりの酷い人に高く、
B6不足によるアミノ酸の代謝異常によると推定されます。
「妊娠中は通常の6倍のビタミンB6が必要」
などと書かれた解説書がありますが、
キサンツレン酸量の増加は正常な妊婦や
B2不足でもみられますので、
経過が順調な妊婦はB6多量摂取に慎重になったほうがいいでしょう。
妊婦の大量摂取は子供のB6依存症候群をまねくとの指摘もあります。


ビタミンB6摂取の効用はいろいろあります。
心臓疾患を予防し、妊娠中のつわりを軽くします。
生理前のだるさや頭痛といった
「月経前症候群」や喘息の治療にも勧められることがあります。

B6を過剰に摂ると、感覚神経障害、骨の疼痛、
筋肉の脆弱化、精巣の委縮などがおきます。

食品では、牛のレバー、鶏肉、ハム、マグロ、
サケ、タイ、エビ、大豆、バナナなどに
多く含まれています。

ビタミンBが不足  体から送られてくる信号は?

ビタミンB6の食事摂取基準や多く含む食品



みんな始めてる!バレない副業!
稼げるブログ♪
いますぐ登録!ランニングコスト0円↓↓↓

藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
1
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ

世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。